芯まで本物であること無垢の木
人が、長時間過ごす環境は、安心・安全が基本。
日本では長い間、当たり前のごとく、
自然のままの無垢の木を使って、家を建ててきました。
それが、戦後、高度成長期の石油・化学工業や産業が発達するなか、
資源の少ない日本は、
工業製品で家をつくりはじめ、他国で類をみない、
『ハウスメーカー』という業種が誕生し、
日本の家づくりをやってきました。


そんな時代の流れの中で、昔ながらの長持ちの家が少なくなり、その良さを忘れかけていたことに気付き、
[未来工房]は、「無垢の木で家を建てよう!!」と、いうのがはじまりです。
使うのはもちろん、すべての家に本物の無垢の木。
薄く切った木を接着剤で貼り合わせた、集成材や合板は使いません。
この接着剤が、シックハウス症候群の原因の一つでもあるからです。
※シックハウス症候群とは、
住宅の高気密化や化学物質を放散する建材・内装等の使用による室内空気汚染が原因と考えられる、
目や喉の痛み、呼吸の乱れや頭痛などの様々な症状の総称

集成材と無垢の木の違いは?

どちらも木質ですが、全く違うものです。

集成材

集成材とは?
集成材は、板状にした木材を接着剤で貼り合わせ、一本の柱にしたり、梁や桁にしたものです。
木材特有の欠点である、ねじれや曲りを起こしにくくし、強度を出すために開発されました。
しかし、長い年月の実績がないため、接着剤の耐久性は確かではなく、
しかも、接着剤からはシックハウス症候群の原因になるホルムアルデヒドが放出されます。
また、使われる木には湿気やシロアリに弱いものがあったりと、
木の質にも確かなことが言えないのが現状です。


無垢の木

無垢の木とは?
無垢の木は、原木から用途にあわせて切出したそのままの木材のことをいいます。
後から切っても、削っても、下から現れるのは本物の木です。
最近では、無垢の木を乾燥させる技術も進み、反りや曲りなどの問題を解決できるようになりました。
しかし、無垢の木は、湿気を吸ったり吐いたり呼吸をしているため、それに応じ収縮します。
そのため多少の反りや隙間が発生しますが、無垢の木の呼吸の調湿効果で、
快適な湿度を保つことが出来ます。また、消臭効果や、香りによるリラックス効果などがあります。

 

建具も無垢の木

無垢の木の床

未来工房の床は、どんな床でも無垢の木を使用しています。
合板で作られる一般的なフローリングは、夏場は素足だと、
なんだかペタペタします。
しかし、無垢の木の床は、
調湿効果で夏はさらりと気持ち良い肌ざわりです。

また、無垢の木は熱伝導率が低く、冷やしても冷たくなりにくい素材。
それは、無垢の木の断面を見ると、
繊維がパイプ状で 多くの空気を含んでいるから。
空気は、私たちの身近な物質の中で一番熱を伝えにくいものです。
その空気をたくさん含んでいるから、無垢の木の床は冬場でも冷たくなく、
部屋が温まるにつれ繊維の中の空気も温まり、やわらかなぬくもりを感じるのです。

この無垢の木の気持ち良さを、是非 展示場ではだしで確かめてみて下さい。

そして、未来工房では、室内のドアはもちろん、玄関まで無垢の木のドアが標準仕様。
部屋の雰囲気を邪魔しない、シンプルながらも味わいのあるデザインを採用しました。
無垢の木が持つ断熱性にも注目。結露を防ぎ、部屋間の断熱効果も期待できます。


建具も無垢の木

無垢の木は、呼吸するように、湿気を吸ったり吐いたりして、家の中を快適な湿度に保ちます。
香りによるリラックス作用、温かみのある肌触り...そして 何より、時を重ねるごとに味わいを増す木肌の色。

家族と一緒に時間を重ね、変化していく家。これこそが、無垢の木、本物の木にしかない最大の魅力です。


「強度不足の欠陥品、中国メーカー輸入の構造集成材について」

強度不足の欠陥品、中国輸入の構造用集成材について。
[未来工房]のお客様は、よくご存知で、説明の必要はないのですが、
[未来工房]は構造用集成材は創業当時より使っておりません。
(各建材メーカーからの勧めはあったのですが)「無垢の木」にこだわる当社は、
シックハウス対策としても、接着剤の問題も憂慮しての方針です。
集成材は強度が優れていると、よく言われまていますが、
やはり張り合わせた寄せ木で強くするよりも、
柱や梁を太くした強度のほうが、ただ単純に安心できる、ということです。
いくら見えない壁の中の構造であっても、いや見えない壁の中にこそこだわる。
そして長持ちさせる家をつくる。
家の見た目がいくら洒落ていても、安心できなければ「家」とは言えません。
その「見えない壁の中」をこだわった「家のつくり方」にとことん勉強して、
どんな家でも平等にと、標準仕様にしております。
ある意味「京都議定書」と[未来工房]の関係も然りです。

輸入材

読売新聞 平成17年3月5日(福岡版)朝刊より

羊毛100%断熱材の詳細ページ 燻煙木材土台の詳細ページ トリプルガラス樹脂サッシ MOISS(耐力壁)の詳細ページ

福岡・佐賀・久留米 注文住宅 未来工房 

トップページへ戻る資料請求など
トップページ会社概要ギャラリーメディア掲載等