煙りで燻す本格燻煙処理木材
昔、田舎にはよくあった囲炉裏のある家。虫がつきにくく、
耐久性に優れていると言われてきました。
本格燻煙処理木材 また、保存食としていぶした燻製など、
煙のもつ効用は古くから利用されてきました。
このような「煙」という、
不思議な自然の力を科学して
現代の木材に活かしたものが燻煙処理木材です。


[未来工房]で使用する燻煙木材は、銘木の産地で有名な熊本県球磨地方の球磨桧・杉を使用し、
燻煙処理も一括して行っています。樹齢50~60年以上のものだけを限定して切出し、石油燃料を使わず
木の皮や枝を燃やしてできる煙で、じっくり燻すことで、曲がりや反りなどの木のクセを緩和し、
調湿効果や防虫効果など、木の持つ特性をより引出す事ができます。


本格燻煙処理木材

近年、「自然素材」に増して「燻煙木材」もすこしずつ認知されています。良いことだと思います。
願わくば、エコビジネスだけの視点ではなく、家づくりを行うならば、何を生産しているのかを自覚し、
木、それをとりまく森林環境を意識して、暮らしにも、社会にも還元したいものです。


わざわざ燻すワケ

わざわざ燻すワケ

木は、必ずしも真っ直ぐに育つ木ばかりではなく、
置かれた環境に適応しながら成長しようとする特質があります。
その生きている木を伐採すると、その木は生きる状態を維持しようとして
水分の調節をしている弁を塞ぐなどの現象を起こします。
このような現象や成長過程の特質が伐採後に木が持っているクセとなって、
ねじれや曲り、割れなどの影響となって現れます。
建築に使われる木材は、乾燥させてから使用されるのが望ましいのですが、
(工務店さんのなかには乾燥させずに使用することが多いのは残念なことです)
乾燥させることのみが目的ではありません。
上記したクセ=成長応力ともいいますが、
これらを軽減させた状態の木材として使用するために乾燥させます。

現代、材木業界に於いて、乾燥方法は実に多くあります。

除湿式、減圧式、太陽熱式、マイクロ波乾燥などなど、各々長所短所あり、
いろいろ工夫されていますが、基本的には、
単に木材の水分除去という対症療法的な技術が多いのが現状です。
しかし、バーナー等による加速的な過熱のみでは芯まで乾燥できずに、
木材の表面からの水分蒸発によって、木材表面の割れなどの問題が生じます。
ゆえに、木材本来の特性をより引出す乾燥方法とは言えず、この技術は、現代においても過渡期といわざるを得ません。

未来工房は、このことについての理想的な乾燥方法として、昔ながらの燻煙方法を現代に活かし、水分除去はもちろんのこと、
木が本来持っている効用を回復させる燻煙熱処理に注目しました。

わざわざ燻すワケ




本格燻煙処理とは?

本格燻煙処理とは?

正しくは本格燻煙処理木材ということになります。
しかし、わざわざ「本格」と銘打つ割りに、
実は「本格」の定義は無いようなものです。

燻煙方法は、理論的には学術レベルでの定義はあるようですが、
技術的には確立されておらず、早い話、仮に短時間に湿度管理や温度管理もせず、
単に煙で燻すだけでも「燻煙した」と言えば通ってしまいます。

未来工房が、あえて本格燻煙と銘打つのは、
●使用する丸太を樹齢50~60年生以上の物に限定し
●木の皮や端材だけを燃焼させ
●低温(80℃~100℃)で多量の水蒸気と煙によりじわじわと木材全体を均一に燻し、しかも
●小ロットで湿度、温度管理を行う
こうして木材の成長応力を緩和させ、安定性を保つ木材を作り出すという、
時間と労をかけた贅沢な方法だからです。

残念ながら、その本格燻煙を施している燻煙窯は全国でも少なく、
弊社が知るかぎり、九州では熊本県に1社あるだけで、
その本格燻煙を行っている方々と出会えたのは、今にしてみれば感動的でした。


本格燻煙の様子

本格燻煙の様子

優良銘木として名高い球磨杉、桧の産地、
そしてこれらを燻煙する球磨郡多良木町の施設へ
何度も足を運びました。
スタッフ全員が
(お客さまも一緒に見学されることもあります)
生きている木を目の当たりにし、
この木を活かして使うための
燻煙施設を見学することで、
山の人たちのこだわりを体験しました。


燻煙熱処理は、化石燃料による蒸気式乾燥設備に比べ、100立米の木材を乾燥させるのに40~60万円のコストを
削減できるだけではなく、化石燃料でない、木材自体の皮や端材を燃料として使用することは、
CO2や有害物質の殆ど出ない(着火時にはガスを使用します)バイオマス燃料で、
これだけとってみても、圧倒的にいわゆる地球に優しい乾燥方法といえると思います。
木にとって良いことは、結果的に人体にも良い結果を出します。
人の暮らしにも当てはまる効用として活かされます。

木材の安定、室内調湿効果(一般の乾燥材の2.5倍)、消臭効果、防虫・防カビ効果が得られ、
他にも本来、木がもっている多くの効用が本格的に燻煙することにより、さらに発揮されていきます。
(詳しくは是非、未来工房スタッフに聞いてみて下さい)

自然サイクルの循環と地域社会還元も含め、加えて国産材の失地回復のカギでもある本格燻煙を、
将来的には標準仕様として取り組んでいきたいと考えています。

本格燻煙の様子

以下は、手前味噌も含みますのでスルーしてもらってかまいません。

もともと未来工房は、設立当初からシックハウス対策と、
強さ(当時の阪神淡路島大震災のでの仮設住宅からヒントを得た強度と工法)を基盤に、若い家族でも、
無理のない支払いで本物の住み心地の良い無垢の木の家を。

というのがスローガンみたいなものでしたが、安価(安さだけの家でありません。念のため)さと、
当時まで行っていた輸入アパート建設の経緯もあって、実は輸入材を使用していました。

輸入材

いきなりマクロな話ですが、ワシントン条約以降の国内の時流は圧倒的に輸入材でした。
それは今でも変わりませんが、近年、金属やプラスチックに代表される
生産物の生産過程における環境負荷問題についての世界的風潮は、住宅業界においては、
国産材による木造住宅が見直されてきたことで、国内の木を環境資源として捉え、
伐採、植林のサイクルにより森を再生化することでCO2吸収量の増加、
もしくは排出抑制として役立て、さらには将来の国土保全にもつながる社会的使命ともなってきました。

地産地消ではありませんが、九州の木を使って家を建てる。

現在、この燻煙処理木材を土台・大引に標準仕様とするようになってから、
私たちにとって「若い家族でも住み心地の良い家」作りの意味が社会的使命として
広義的に捉えられるようになりました。

これが自慢ではなく事実として、その実感を改めて社会的責務として遂行拡大していきたいと考えています。

●福岡の基本形の家と、久留米の「やかまし村の家」及び事務所棟、佐賀の「球磨杉の舎」は、
構造材全てを燻煙して建てました(佐賀の「球磨杉の舎」は床材までも燻煙杉です)。

燻煙処理木材は、見えないところのこだわりとして実践しているのですが、
残念なことに目で見てすぐに解る内容でもありません。
そのため、構造材すべてを燻煙処理木材にするのは高価でもあるし、標準仕様ではありません。

ですがお客さまの中には、この良さに感嘆されて、土台・大引 の全てを本格燻煙木材で建てられ、お客さまの家完成見学会で実際にご覧いただけるケースも増えています。


少し環境のお話を

木造住宅は、木を伐採するということで、森林破壊などのマイナスイメージに考える方もいますが、
そのようなことはありません。
海外で進んでいる森林伐採は、森林を食料や、
バイオ燃料を確保するための農地に変えるため急速にすすめられていることや、
熱帯地での無計画な乱伐採などが問題となっています。
現在、日本国内では、資源がありながらも、輸入材に押され、
国内の林業は成り立たなくなりつつあります。
また、手入れのされない人工林は、木々の葉が生い茂げることで日光を遮り、
下層植物が育たなくなります。
植物が根をはらなくなることで、土壌が弱くなり、土砂災害などの環境問題となっています。
再生産循環の崩壊は、林業だけでなく、災害をも引き起こしてしまう大きな問題なのです。
人工林は、植えて、育てる、 そして伐採というサイクルを保つことで
活性化し、国土保全へとつながります。
また、木は、成長とともに二酸化炭素吸収も大きくなりますが、ある一定の大きさに達すると、
吸収率は落ちていきます。杉では60年くらいといわれ、
ちょうど木造建築に適した大きさの材料がとれる樹齢になります。
木材として使用しながら、新たに植林をすることで二酸化炭素吸収率を高めることができる。
木造建築は、「国内の林業を活性化しながら地球環境にやさしい」ということができるのかもしれません。

再生産循環

無垢木材の詳細ページ 羊毛100%断熱材の詳細ページ トリプルガラス樹脂サッシ MOISS(耐力壁)の詳細ページ

福岡・佐賀・久留米 注文住宅 未来工房 

トップページへ戻る資料請求など
トップページ会社概要ギャラリーメディア掲載等